バンクイック増額

クレジットカード現金化会社とカード会員の間で結ばれている2つの契約の

クレジットカード 現金化の仕組みについて、少し考えてみましょうか。
まずはカード会社とカード会員(顧客)の間に限定して考えてみると、
「立替払契約」「金銭消費貸借契約」の2つの契約が結ばれています。

 

「立替払契約」というのは、カード加盟店で買い物をした場合に、
その代金を会員(顧客)の代わりにカード会社が立て替えて支払うことを指していて、
カード会員である顧客は時期を先送りにしてカード会社へ代金を支払います。

 

クレジットカード現金化会社へのお金の払い方も単純に一括払いというパターンだけでなく、
分割払い、ボーナス払い、リボルビング払いなど、いろいろな方法がありますよね。
支払いの方法によってはカード会社に利息・手数料を上乗せして支払うことになり、
それがカード会社の収益としては重要なものであることは間違いありません。

 

「金銭消費貸借契約」というのは、ATMなどでカードを利用して、
クレジットカード現金化会社から現金を借り入れすることを指しています。
この契約には加盟店は関係せず、会員とカード会社だけの契約になりますね。

 

カード会員になることで守らなければならない会員規約には、
このような契約に関することも明記されているわけですし、
また、それ以外にもカード番号の管理方法・暗証番号の保管など、
責任の所在を明確にするための記載もありますので、
しっかりと目を通しておくことをオススメしたいですね。